今年もお世話になりました

0

     

    バタバタしている間に今年も大晦日を迎えてしまいました。

    今年は書き下ろし小説が二冊、原作コミックスが三冊、という刊行でした。

    作家生活二十一年、原作コミックスが小説より多いという事態に自分で驚いています。

    原作のお仕事は大好きなので嬉しい反面、やっぱり私は物書きなので、小説ももっと

    書いていかなきゃ、と決意を新たにする年末でありました。

    小説もBLとキャラノベ、両ジャンルでお仕事をいただいているので、来年は更に

    面白い作品を目指して頑張りたいと思います。もちろん、引き続き原作仕事の方にも

    情熱を燃やしていく所存です。原作といえば「災厄は僕を好きすぎる」も来年二月には

    待望の六巻が発売予定なので、ぜひよろしくお願いいたします。

     

    個人的に振り返れば、長らく気力体力の不調で足踏みしていた状態から、やっと少し

    先へ進めたような一年でした。休んでいる間に業界はますます厳しく、気を引き締めて

    いかなくては、と思うことしきりですが、何より一番大事なのは萌えと愛!と己へ

    言い聞かせながらより面白く、わくわくする作品作りを心がけていきたいです。

    メルマガも復活したので、新作情報や今後の抱負なんかもお知らせしていきますね。

    登録はこちらまで。http://melma.com/backnumber_199645/

     

    今年一年、ツイッターやメール、お手紙などを通してたくさんの読者様に助けられて

    きました。やる気と元気を、本当にありがとうございました。

    各社の担当様も、見捨てず根気よくお付き合いいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

    来年は刊行を増やすべく今も頑張っている真っ最中ですが、何より私自身が書きたい

    ものがたくさんあるので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

     

    どうか、皆様良いお年を。

    2017年も、仲良くしてやってくださいね。

     



    冥暗堂偽妖怪語

    0

      使ってやっておくんなさい。贋作妖怪サトリでございます。

       

      初めてのキャラクター文芸作品。

      10月の富士見L文庫ラインナップにて発売中です。

      記憶を失くした主人公(仮名:小鹿←へっぴり腰だからw)が、美貌の贋作妖怪師の

      開くあやかし質屋を舞台に、人間と妖怪、偽妖怪と人間が織り成す絆や、時には切ない

      物語を通して自身の記憶とも向き合うことになる――そんなお話です。

      出てくるのは「二口女」「かまいたち」「化け猫」「サトリ」などなど。

      イラストはyoco様。大変美しい表紙を描いていただきました。

      (コミコミさんでは、こちらのイラストカードが特典につきます)

      また、冒頭の試し読みがカクヨムさんで公開中。ぜひ、ご覧になってみてください。

      カクヨム(試し読み)

      https://kakuyomu.jp/official/info/entry/2016/10/03/135716

      コミコミスタジオ(イラストカード付き)

      http://www.comicomi-studio.com/boys/goodsViewShowInit.do?share_goods_no=G0106340002000080414

      その他、紙・電子書籍共にAmazon、honto、楽天ブックス等々でも取り扱っております。

       

      贋作妖怪というのは私の創作で、二週間の寿命しかない偽妖怪です。

      質屋「冥暗堂」は、わけありな客にだけ「二番目に大事なもの」を質草に

      贋作妖怪を貸し出し、二週間後に回収へ向かいます。でも、なかなかすんなり

      返してもらうことができず、主人公を巻き込んで騒ぎが起きてしまいます。

      そんな三つの物語を通し、主人公は失くした記憶の断片を取り戻しますが……。

      良かったら、秋の夜長のお伴にしてやってくださいませ。

       



      つくものはなし

      0

        原作:神奈木智 作画:山本小鉄子様
        デンシバーズhttp://denshi-birz.com/tsukumono/にて連載中の漫画が
        早くもコミックスになって一巻が発売されました。

        三年前にいなくなった叔父の残した古びた喫茶店。その処分に駆り出された
        甥の主人公、桂太と店に残った付喪神たちの物語です。
        付喪神たちは皆それぞれ事情があるようで、何とか延命のために桂太を叔父の
        後釜にしようとしますが……。謎のイケメンから男の娘、猫耳オッサンまで
        個性豊かな面々が桂太を翻弄します。さて、彼らは無事に絆を結べるのか?

        小鉄子先生の温かみのある絵柄が、いろんなキャラを生き生きと表現して
        くださっています。ほっこりアヤカシ系漫画、どうぞよろしくお願いします。




        尚、ルチルレーベルから出ているので多くの方が誤解されていると思うのですが、
        この作品はBLではありません。最初から非BLということでお話を依頼され、
        原作を書かせていただいています。私もバーズの方から刊行されるのかと思って
        いたのでちょっとびっくりしたのですが、漫画として楽しんでいただけるよう
        頑張っておりますので、お付き合いいただけると嬉しいです。
        (でも、がっかりされた方は本当にごめんなさい)
        連載の宣伝の際は「BLじゃないですよ」と言っていたのですが……ううう。
        けっこう「いつBLになるの?」的なことを言われているもので、もっと強調
        するべきだったと反省しております。すみませんでした。


        8月にはコレ出てます

        0
          こんにちは、神奈木です。
          日々仕事に追われている間に、季節はすっかり秋っぽくなりましたね。
          今年は夏コミも土壇場で欠席してしまって、本当に申し訳ありませんでした。
          しかして、そんなアレコレを乗り越えてただいま新刊が発売中です。


          生きて、守りたい奴がいるーー。

          「災厄は僕を好きすぎる」5巻 作画:二宮悦巳さま
          盛り上がる修学旅行編。Charaコミックスより、8月25日に発売となりました!
          続きは、現在発売中のChara10月号ですぐ読めちゃいます。よろしくです。
          今回も二宮様による、激キュートな巻末描き下ろしマンガつき。
          第五の災厄は、どんな形で育実たちを襲うのか。育実への恋心を自覚した千隼が、
          これまでになく感情的になってます。そして、不穏な空気を纏う和樹にもご注目。
          こちら、表紙のイラストカード特典がコミコミさんとホーリンラブブックスさんでつきます。
          http://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/8738/


          俺に加護がなかったら、凱斗は好きになってくれたのかなって。

          「守護者がさまよう記憶の迷路」イラスト:みずかねりょう様
          Chara文庫から8月27日発売となりました。
          ※一部で入荷や取り扱いが数日遅れてしまいました。申し訳ありません。
          守護者シリーズ、できるだけ早く続きをと前回あとがきで言いながらずいぶんと
          お待たせしてしまって大反省です。でも、今回もいろいろ頑張りました。
          表紙が攻め二人という、何だか大胆な試みですが、口絵ではそれぞれと意味深に
          絡む清芽を描いていただいております。必見の美しさです。
          そして、イラストが示す通りに三角関係……というか、明良の闇落ちギリギリな
          感じがだいぶ高まってまいりました。おまけに、肝心の凱斗は清芽の記憶を巫女の
          怨霊に奪われて、別人のように冷たい男に……。呪詛返しの失敗を取り返すべく、
          再び集結する霊能力者チームの面々にも様々な事情があり、皆でハラハラです。
          まだ残暑のうちに、どうかお楽しみくださいませ。
          そして、今度こそ可能な限り早く続きをお届けする所存です……!
          また、この機会に一巻から読んでみよう、という方もウェルカムです〜\(^^@)/

          尚、続刊発売が嬉しいので明日くらいからツイッターでちょこちょこ裏話的な
          ことを呟こうかと思います。大した内容ではありませんが、関連話には
          ♯守護者がさまよう をつけるので、よかったら検索してみてください。


          新刊二冊、発売中です

          0


            ビーズログ文庫「ニセモノ皇帝と恋の勝者(大団円)」(イラスト:雲屋ゆきお様)

            昨年秋に発売された「ニセモノ皇帝と三人の従者(美形)」の完結編です。
            上下巻の区切りが良い作品になっていますので、前巻未読の方もぜひ。
            雲屋様の麗しくキュートなイラストは、中のモノクロまで堪能していただきたい〜。
            少年皇帝の身代わりになったヒロイン・メグの恋と陰謀の冒険譚。
            最後まで楽しく書き上げることができました。
            尚、こちらは表紙のイラストカードと私からのメッセージ(悪筆ですが(^_^;))が
            応援書店さんで購入されると付いてきます。
            https://twitter.com/bslog_bunko/status/607868210059177984
            応援団書店の詳細はビーズログ文庫サイトまで。



            ルチル文庫「やわらかな闇を抱いて」(イラスト:ヤマダサクラコ様)

            こちらはBLの新刊です。ノベルズを文庫化していただきました。
            夜の繁華街に生きる男と少年の物語。短編二つと長編一つの三部作構成ですが、
            同じ街を舞台に登場人物もリンクしながら話は進んでいきます。
            個人的に、とても大好きな世界観の作品です。
            文庫化にあたって、新しくヤマダサクラコ様にイラストを描いていただきました。
            帯だと隠れちゃうんですが、右下の眼鏡ヤクザがヤバいです。カッコイイです。
            読んでいただけると、凄く嬉しいです。よろしくお願いします。
            こちらは、チル文庫10周年記念の全サ小冊子対象作品です。
            また、店頭でもらえるSSカードにも参加させていただいています。
            私は「ホストシリーズ」から山吹と涼のお話を書きました。読んでやってね。
            全ての詳細はこちら。
            http://www.gentosha-comics.net/event/rutile10.html

            それから、キャラさんのメルマガでもうご存知の方も多いかと思いますが、
            今年も店頭配布の小冊子にて「守護者シリーズ」を書きました!
            なんと、今回は小冊子だけでなく缶バッジもついちゃうということで、
            「災厄は僕を好きすぎる」からは千隼の缶バッジも参加しております。
            配布方法、その他フェアに関しては後日また改めて。
            また、恒例の全サの小冊子では、災厄〜の番外編を掲載していただく予定です。

            毎年この時期はお世話になっている出版社さんのフェアがありまして、
            私もお祭りに参加できて嬉しい限りです。
            番外編などは短くても楽しんでいただけるものを、と思って書きましたので、
            どうぞよろしくお願いいたします。



            ちょっと近況。
            現在もシュラ場まっただ中なので、あまりブログを書いている余裕はないのですが。
            とにかく、超久しぶりに本が出せて嬉しいです。私自身、長いトンネルを抜けたような
            気持ち。もし待っていてくださった方がいたらごめんなさい&ありがとう。
            もしよかったら、感想などツイッターやブログのコメントなどでお聞かせくださいね。
            今年の後半〜来年は、新作もジャンルを問わずにどんどん出していきたいと思っています。
            ちらりとフライングすると、漫画原作の新しい仕事も増える予定です。
            しかし、何よりずっと準備中の「あれ」を、何とかしたい(切実)。
            早く嬉しい情報をお届けできるように、引き続き頑張ります。




             


            11月にはコレ出ます&ホラー×BLフェア

            0


              殺すつもりなら、死ぬ気でかかってきなさいよ!

              11月15日発売。
              ビーズログ文庫『ニセモノ皇帝と三人の従者(美形)』イラスト:雲屋ゆきお様
              少女小説です。女の子主人公、楽しかった〜。美形いっぱい書けて嬉しかった〜。
              タイトル通りに、少年皇帝の身代わりになった女の子と、彼女を暗殺者から守るため、
              従者となって側につく三人の美青年&美少年のお話。兄弟スキーな血がここでも(笑)。
              ツンデレ好きな担当様の指導により、渾身のツンデレキャラも生まれました!
              雲屋様のイラストが本当に素晴らしくて必見です。



              クリスマス来たら、さよならなのに……毎日あんまり楽しくて……忘れてたんだ。

              11月17日発売 ルチル文庫『その瞳が僕をダメにする』イラスト:榊空也様
              表題作は10年ほど前の雑誌掲載作ですが、新作と同じくらい手を入れて改稿しました。
              その後の二人の甘い書き下ろしもあり。一冊通して高校生男子の恋物語です。
              すごく自分らしい話だと思うので、たくさんの方に読んでいただけるといいなぁ。
              派手なお話じゃないけど、寒い日にほっこりしたい方にお薦めしちゃおう!
              榊様のイラスト、表紙の雰囲気が本編のすべてを物語ってます。凄いです(うっとり)。

              どちらの作品も、本当に最後の一行まで楽しく書かせていただきました。
              年内最後の刊行となりますので、ぜひぜひ読んでやってください。

              上記のほか、11月22日発売の小説キャラに「守護者シリーズ」番外編
              「霊能力者の天職について」が掲載されます。
              こちらは櫛笥が主人公。
              発売が近くなりましたら、詳細などお知らせしますね。こちらスペシャルな企画もございます。

              作家デビュー20周年を記念して、キャラさんで「ホラー×BLフェア」を開催中
              同じく10周年記念の夜光花先生との合同フェアで、小冊子が店頭でもらえます。
              詳細はこちらまで。http://www.chara-info.net/topics/index.html#horror


              10月発売の2冊です

              0


                あの人は、いつも俺が欲しかった言葉をくれるんだ。

                B-PRINCE文庫『マーブル模様のロマンス』イラスト:北沢きょう様
                言葉足らずの不器用な俺様社長×甘い顔の割にしっかり者の貧乏くん
                ふとした誤解からすれ違う、両片想いなお話です。
                北沢様の描かれるふんわり甘いイラストが、極上のお菓子のようでしたv



                そりゃ、声くらい出すよ。
                せっかくだし、AV女優みたいに喘いであげよっか?


                ルチル文庫『黄昏にキスをかわしましょう』イラスト:金ひかる様
                ホストシリーズ文庫化第二弾。大人組は元エリート×売れっ子ホスト。
                リバでもいけそうと噂の二人です。金様の描き下ろし表紙が超萌えです。
                ホストシリーズは、中断していた第三弾碧編を来年書き下ろし予定です。

                ああ、また画像の大きさが違ってしまってすみません(汗)
                お知らせが遅れてしまいましたが、上記二冊発売中です。
                どうぞよろしくお願いいたします。



                 


                守護者がつむぐ輪廻の鎖

                0

                  あの人、全部が呪詛で出来ている。血も骨も肉も、全部です。

                  キャラ文庫より7月30日発売予定(イラスト:みずかねりょうさま)
                  守護者シリーズ第三弾です。ごめんなさい、発売が少し遅れます。
                  ただいま予約受付中ですので、ぜひぜひよろしくお願いいたします。
                  一部ネット書店で出ているページ数は誤りで、前二作とほぼ同じ厚みが
                  あります。ちょっとだけ多いかな? 見てお分かりのように、今回は
                  表紙に明良が初参戦。三人の関係も、ちょっと意味深なものに……。
                  明良が、お兄ちゃん以外に目を向けてくれると平和なんですが。
                  ちなみに、ピックアップしたセリフ(青)は尊のものです。
                  今回、新キャラも二人ばかり登場します。霊能力者と民俗学の大学教授。
                  こちらを書くのも大変楽しかったので、読んでいただけると嬉しいな。
                  いろんな謎もわかったり、新たな謎が出てきたり……な巻です。
                  そして、みずかねさまの描かれるイラストが美しい。美しすぎる……。
                  詳細はこちら。http://bookshelf.chara-info.net/chara-books/4031/

                  尚、前作「守護者がささやく黄泉の刻」はキャラバースデーフェアの
                  対象作品ですので、店頭小冊子狙いの方にはお薦めですよ〜。


                  狼と金平糖

                  0


                    戻ってきたら、俺を抱いてよ。俺のこと、どこへ攫っていってもいい。

                    狼と金平糖(イラスト:榊空也さま)
                    獣人・銀狼×男子高校生
                    お初の花丸文庫より、ただいま発売中です。獣人の住む館でハウスキーパーを
                    始める主人公のお話。兎、猫、子狐、ライオンなんかも出てきます。
                    BLホームドラマ、ときどきしんみり。夜の遊園地やチェロなんかも出ます。
                    榊さまの描かれるケモ耳たちが、美麗からキュートまで目移りしちゃいそう。
                    表紙に散りばめられた金平糖たちが、星みたいで気に入っています。素敵。
                    どうぞ、よろしくお願いいたします。


                    新刊あれこれ

                    0
                      ご無沙汰しております、神奈木です。
                      怒涛の締め切り続きでなかなかブログの更新ができず、申し訳ありません。
                      ツイッターではちょこちょこ宣伝させていただいていたのですが、今年前半で
                      発売されてものをまとめてご紹介いたします。バタバタですみません……。

                      「災厄は僕を好きすぎる」4巻 作画:二宮悦巳さま
                      早いもので、もう4巻となりました。カバーにも書きましたが、いっきにラブ度が
                      増した感のある一冊です。完結まで我慢、と積ん読されている方も、盛り上がること
                      必至なのでそろそろ目を通してみてはいかがでしょうか〜。などと誘惑してみる(笑)。
                      二宮さまによる巻末マンガが、今回も身悶え級の可愛さです。

                      「夕虹に仇花は泣く」仇花シリーズ6冊目 イラスト:穂波ゆきねさま
                      のんびりペースの男花魁ものですが、なんと6冊目になりました。久しぶりの続刊は
                      これまでよりシリアス度がやや高めです。完結に向けての布石となる一冊ですので、
                      ぜひ読んでやってくださいませ。今回は通常より脇レギュラーの出番が多いかな。
                      毎回、穂波さまの美しい表紙にため息が出ます。着物も素敵。目の保養にもどうぞ。

                      「真夜中にお会いしましょう」ルチル文庫 イラスト:金ひかるさま
                      ラキアノベルズより刊行された元御曹司たちが繰り広げる貧乏ホスト物語。
                      文庫化にあたって、金ひかるさまがキュートな表紙を描き下ろしてくださいました!
                      ああ、本当に可愛い……。カバーに温かなコメントまでいただいて、大感激です。
                      未完だった三冊目も、新作書き下ろしで刊行予定ですので、この機会にぜひ1からどうぞ。

                      その他、七月には花丸文庫から初のケモ耳もの「狼と金平糖」(イラスト:榊空也さま)
                      キャラ文庫から「守護者シリーズ3」(イラスト:みずかねりょうさま)なども予定されています。
                      いずれもオール新作書き下ろしで、楽しく書かせていただきました。
                      こちら、発売が近くなりましたらまたご紹介いたしますね。どうぞよろしくお願いします。
                       


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      うちの巫女が言うことには
                      うちの巫女が言うことには (JUGEMレビュー »)
                      ドラマCD,前野智昭,武内健,梶裕貴,代永翼,坪井智浩,野島裕史
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座