あの夏、二人は途方に暮れて



君との付き合いには駆け引きもない、計算もない。
ただ同じ好きなものを見て、素直に感じたままにしゃべって。
そういうの、ずっと忘れていたんだ。
 

発売日が少し遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
ルチル文庫『あの夏、二人は途方に暮れて』が、本日31日に発売となりました。
見ておわかりのとおり、穂波ゆきね様の美しいイラストが夏の夕暮れにぴったりです。
こちら、十年前の雑誌掲載作を大幅に加筆・改稿したものですが、ほぼ新作と言っても
差し支えないほど手を入れてありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

honto
amazon

奇妙な出会いから、ひと夏をかけてゆっくり恋に落ちていく二人の物語。
久しぶりに、ごく普通の高校生を書いたなぁ、と。
劇的なドラマは何も起こりませんが、疲れた大人がこんな子に慕われたらそりゃたまらんよ、な
お話です。たぶん、読まれる方の状況によっても感想が分かれるんじゃないかと思いますが
私自身は非常に楽しく、愛おしい気持ちで書かせていただきました。
少しでも、そんな気持ちが伝わってくれたら嬉しいです。

は〜。守護者のようなエンタメ系も大好きですけど、
恋する男の子の日常話も大好きです。
どちらの路線も、これからもたくさん書いていけたらなぁと思います。
(ちなみに、今やっているプロットは人生初のケモ耳チャレンジ作になる予定)


コメント
コメントする








   

*Category

*List

*Aarchive