> 近況

 2017年も大変お世話になりました

 

ご無沙汰しています。神奈木です。

久しぶりの更新が年末の挨拶という体たらく、本当にすみません(約一年ぶりである……)。

間もなく2017年も過ぎゆこうとしていますが、今年一年を振り返ってみると準備期間の年でした。

小説の刊行は画像の二冊ですが、漫画原作二本とアンソロやショートなどのフェア仕事、そして打ち合わせに

終始した年だったように思います。打ち合わせにはキャラノベ系も含まれますが、イラストの先生や

刊行時期が決まっているBLの締め切りがどうしても優先になってしまうので、プロット段階で中断してしまう

ことがしばしばで、そちらの担当様方には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました( ノД`) 

時間はかかっていますが煮詰めてはいるので、来年こそは刊行点数を増やせるように頑張りたいと思います。

BLも非BLも大好きな世界を書いていることに違いはないので、どちらも楽しんでもらえたらいいなあ。

とまれ、まずは来年前半に守護者シリーズ最終巻をお届けすべくまい進している今日この頃です。

 

もひとつ、後半に頑張れなかった理由は夏の終わりから首肩に激痛がはしり、満足に執筆できない状態が

長く続いたこともあります。寝るのも辛い有様で、その節は友人や仕事関係、身内といろいろな方にご心配を

かけてしまいました。親身にアドバイスをくださった同業の先生方もいて、本当に有難かったです。

お蔭さまで痛みはまだありますが、一時期の深刻な状況よりかなりマシになりました。

これ以上は拗らせないよう、生活全般に気をつけていかねばと思います。

怠惰な己への戒めと思って、健康を意識した生活をしたいです。

 

 

それにつけても、今年も出版業界には厳しい状況が続きました。

そんな中でも何とか生き残ってこられたのは、おんぼろな私を根気よく待ってくださった各社の担当さま、

そして何より読者さまの存在があったからです。

折々のツイッターへのリプや編集部へのお手紙などで感想を聞かせてくれたり、元気づけてくださった方々、

本当にありがとうございました。何度もくり返し読んでは、一人幸せな気持ちに浸っております。

また、アクションはなくとも拙作を手に取り、読んでくださった方々にも同様に感謝の気持ちでいっぱいです。

私はいわゆる「書かずにはいられない」という神様に愛されたタイプではなく、「誰かが読んでくれる」ことが

何よりのモチベになる作家です。私の作品でひととき現実を忘れたり、楽しかったり怖かったり嬉しかったり

悲しかったり、そんないろんな感情を生み出していけたら、というのが物語を紡ぐ原動力になっています。

読者様がいて初めて成立する、それが私の書く物語なので、どうか来年も作品の担い手の一人としてお力を

貸していただけたら嬉しいです。SNSの方も、もっと皆で楽しめることをいろいろ企画していきたいな。

何か、こんなことやってほしい、とかリクエストやご意見があったら遠慮なく聞かせてくださいね。

 

ではでは、本当に今年もたくさんお世話になりました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

神奈木 智

 

コメント
コメントする








   

*Category

*List

*Aarchive