あの空が眠る頃

0


    ルチル文庫1月刊『あの空が眠る頃』イラスト:六芦かえで様

    告知が大変遅れましたが、先月発売になりました。以前、雑誌コバルトに掲載された短編に
    書き下ろしを加えて高校生編・社会人編・その後の二人、という組み立てになっております。
    恋か友情かの曖昧な関係から、数年の歳月を経て恋人同士へと移り変わっていくゆっくりな物語。
    六芦様の可憐なイラストが、とってもノスタルジックで素敵です。
    また、今月発売の雑誌Chara4月号では『災厄は僕を好きすぎる』(作画:二宮悦巳様)を連載中。
    お知らせもございますので、22日の発売を待っていてくださいね。

    先月は、ルチル編集部様からお花もいただきました\(^o^)/


    えへへ。嬉しいなぁ。上記の『あの空〜』あとがきでも触れましたが、今年は作家生活二十周年
    なんです。初めての本が出たのは秋口なんですが、一足早くお祝いしてもらっちゃいました。
    ツイッターでは直後にツイート投下で喜びを呟いたら、いろんな方から「おめでとう」を言って
    もらいまして大変幸せな気分になりました。
    何度も言うけど、こんな地味な作風の自分が業界でまだ本を出し続けていられるのはずいぶん幸運な
    ことと思います。根気よくお付き合いくださる各社の担当様、暖かく支えてくださる読者の皆様、
    素敵なイラストで盛り上げてくださった先生方、本当に多くの方のおかげです。
    正式な二十周年の時期になったら改めてご挨拶を、と思いますが、せっかく豪華なお花をいただいた
    ので記念にブログへもあげておきますね。華やかな空間に、猫ズも興味津々でした。
    ルチル編集部様、本当にありがとうございました。
    (写真の大きさが本と違うのは決して意図的ではなく(^^;)、スマホで撮ったらこのサイズに)

    夏コミの申し込みも無事済ませたので、今年はスペースが取れたら久々にイベントも参加予定です。
    詳細は何も決めていませんが、新刊も出せるように頑張ります。
    今後の商業誌の予定なども、後日また記事にしますね。
     


    天使のあまい殺し方&守護者番外編

    0



      すっかり更新が滞っている間に、年の瀬でございます。駆け込みのようなタイミングで
      申し訳ありません。ルチル文庫より『天使のあまい殺し方』(イラスト:高星麻子様)が
      9月に発売となっております。こちら、イケメン大学生×生意気アイドルの組み合わせ。
      表紙の美しさでもおわかりの通り、高星様によるアイドル君が超絶可愛らしいです。



      そして上記が11月に発売された小説キャラ。こちらには、守護者シリーズの番外編が
      収録されております。なんと、みずかねりょう様の麗しいカラー扉つき。ちなみに、この
      イラストは読者プレゼントの図書カードになるそうなので、詳細はキャラオンラインショップ
      までよろしくお願いいたします。霊能力者戦隊、勢ぞろいの超素敵なイラストですよ〜。
       


      あの夏、二人は途方に暮れて

      0


        君との付き合いには駆け引きもない、計算もない。
        ただ同じ好きなものを見て、素直に感じたままにしゃべって。
        そういうの、ずっと忘れていたんだ。
         

        発売日が少し遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
        ルチル文庫『あの夏、二人は途方に暮れて』が、本日31日に発売となりました。
        見ておわかりのとおり、穂波ゆきね様の美しいイラストが夏の夕暮れにぴったりです。
        こちら、十年前の雑誌掲載作を大幅に加筆・改稿したものですが、ほぼ新作と言っても
        差し支えないほど手を入れてありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

        honto
        amazon

        奇妙な出会いから、ひと夏をかけてゆっくり恋に落ちていく二人の物語。
        久しぶりに、ごく普通の高校生を書いたなぁ、と。
        劇的なドラマは何も起こりませんが、疲れた大人がこんな子に慕われたらそりゃたまらんよ、な
        お話です。たぶん、読まれる方の状況によっても感想が分かれるんじゃないかと思いますが
        私自身は非常に楽しく、愛おしい気持ちで書かせていただきました。
        少しでも、そんな気持ちが伝わってくれたら嬉しいです。

        は〜。守護者のようなエンタメ系も大好きですけど、
        恋する男の子の日常話も大好きです。
        どちらの路線も、これからもたくさん書いていけたらなぁと思います。
        (ちなみに、今やっているプロットは人生初のケモ耳チャレンジ作になる予定)




        守護者がささやく黄泉の刻

        0


          でも、俺は凱斗に何かあったら生きていけないよ。
          蚊帳の外に置かれてあんたが傷つくのを見るくらいなら、飛び込んで一緒に
          傷を負った方がいい。俺は、自分に与えられた加護をそのために使いたい。
           

          キャラ文庫「守護者がささやく黄泉の刻」(イラスト:みずかねりょう様)
          いよいよ発売となりました! 
          Amazon 
          honto

          言わずもがな、昨年秋に発売した「守護者がめざめる〜」の続編です。
          あとがきでも書きましたが、正直続きが出せるかどうかは反響次第だったので、こうして
          お届けできて感無量でございます。応援してくださった方、何よりお買い上げくださった方に
          心からお礼を申し上げます。待っていた甲斐があった、と思ってくださるといいのですが〜。
          さて。今作の見所(読みどころ?)は、前作でリクエストが一番多かった最強霊能力者、
          明良の登場ですね! 前作ではラスト付近でちらりと顔見せ程度の出演でしたが、
          今回は最初から最後までオイシイところ総取りな勢い。作者としては主人公カプのラブにも
          より力を入れたつもりではありますが(そんなわけで、未練昇華の場面も頑張りました!)、
          このヤンデレブラコン&チートな弟が二人にどんな影響を与えていくのか、ホラーテイスト
          の一方で楽しんでいただければと思います。多分、私の作品中で一番ブラコン度が強い……。
          そしてそして、もし気が向かれたら感想などお聞かせくださると本当に嬉しいです。
          欲を言えば、王様の反撃の第三弾(意味は今作を読んでね)、なんて書けたらいいなぁ、とか
          厚かましくも夢見たりもしておりますので、皆様のお声を励みにできたらと……まぁ、そんな
          裏側の話はともあれ、読んでくださる皆様に楽しいひとときを提供できれば一番嬉しいです。
          どうぞ、よろしくお願いいたします。


          今月は、月末31日に少し遅れてルチル文庫「あの夏、二人は途方に暮れて」も発売です。
          こちら、穂波ゆきね様の切なく涼しげなカバー絵がとっても魅力的。
          上記とはうってかわって、リーマン×高校生の出会いから想いを繋げるまでのひと夏の物語。
          発売になりましたら、ブログでも改めて詳しくご紹介しますね。予約も受付中です。
          amazon
          honto


          うちの巫女、もらってください

          0



            まったく……うちの巫女たちの言うことは、デタラメなようでいてあなどれない。

            17日発売となりました『うちの巫女、もらってください』(イラスト:穂波ゆきね様)は
            四冊目でいよいよシリーズ最終巻となります。季節に相応しい紫陽花の色味の綺麗な表紙に
            うっとりとしつつ、ほんのり淋しさも味わっている今日この頃。でも、シリーズとしては良い
            幕切れを迎えられたように思います。ここまでお付き合い、ありがとうございました。
            そして、完結を機会に読んでみようかな、と思われている方、ぜひぜひよろしくお願いします。
            どの本も一冊完結になっていますが、キャラが少しずつ関係を深め、成長している過程を
            おっていますので、できれば一冊目「うちの巫女が言うことには」から読んでいただければと。
            思えば、このタイトルが出たときは「受けが巫女じゃないじゃん」とさんざん言われましたが、
            巡り巡って完結編でちゃんとその辺もフォローできたかなと思います。
            作品についてはあとがきでも書きましたが、先輩組のお話とか他にもいろいろ取りこぼした
            エピソードなんかもありますので、シリーズは終わっても、また彼らがどこかで復活するかも
            しれません(あくまで、かも、ですが……先輩組は何とかしたいと思っとります)。
            しばしのお別れですが、永遠のお別れではないということで、ひとつ。

            そして、ここで誤字のお詫びがあります。
            P44の冬美のセリフ、名前が間違っております。
            正しくは「咲坂」→「麻績」でした。
            読んでいただければわかると思いますが、もう、痛恨のミスです。頭を抱えました。
            大事な場面で間違えちゃうなんて、二度も三度も校正しておきながら……本当にすみません。
            最後の最後でやらかしてしまった自分に絶望しつつ、謹んでお詫び申し上げます。

            尚、6月中旬より配布予定のフェアSSカードに「うち巫女」で参加しています。
            詳しくはこちらをご覧下さい。
            http://www.gentosha-comics.net/event/rutile8.html
            また、本作の帯には全サ小冊子応募券がついております。
            こちらにも参加予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
            そういえば昨年の全サ小冊子が届いたと思うのですが、そこに書いた「うち巫女」番外編にて
            本作の重要なゲストキャラ、宮本くんが初登場しています。
            先日担当様が「成長した巫女と宮本くんのお話、いいじゃないですか」と水を向けて下さった
            ので、「いいっすね、いいっすね〜」なんて調子に乗ってしまいました(笑)。
            いずれ、そんなお話もお届けできたらいいな、なんて思っています。
            (でも、巫女姿でなくなっちゃうのはちょっと淋しいかな〜)

            ネットでは告知が出たようですが、7月にもルチル文庫さんで新刊が予定されています。
            こちらでも穂波ゆきね様にお世話になりますが、仇花シリーズではなく読み切りのお話です。
            仇花の方は少し考えていることがありまして、刊行が少しあとになりますが今しばらくお待ち
            いただけると嬉しいです。実は、こっちもクライマックス間近なんですよね。
            シリーズを理想的な形で終わらせるのって、実はとても難しいことです。商業なので、いろんな
            事情がある場合や、作家自身のモチベーション、いろいろな要素が入ってきますし。
            そんな中、可能な限りは自由に、そして好きな形でシリーズを完結させてくださったルチルの
            編集部と担当様には心から感謝しております。本当にありがとうございました。
            また、素晴らしいイラストを毎回描いてくださった穂波ゆきね様にも心から感謝しています。

            続けようと思えば続けられた、というのが本音なのですが、でも、やっぱり熟成しつつあるメイン
            二人、麻績と葵の仲を不自然に引っ掻き回していくのがお話として最良かと言われると難しいし、
            双子もいつまでも女装が似合う年ではなくなっていきますし。
            ですから、また新しい世界、新しい展開で皆様に楽しんでいただける作品をお届けできるように
            これからも頑張りたいと思っています。書きたいお話、まだまだたくさんありますし!
            そんなわけで、今後ともどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

            あと、本作で最後ということでよろしければ感想などいつも以上にお待ちしています。
            編集部へのお手紙、ツイッターでのリプ、こちらへのメールやコメントなど、どんな形でも
            構いませんので、どうぞお気軽に一言およせください。よろしくです〜。
             


            お兄さまには秘密だよ?

            0



              「だったら、俺に誓え。あいつに“みつ”と呼ばせるな。
               おまえをそう呼んでいいのは俺だけだ」
              「旦那様……」
              「何だ? まだ何か文句あるのか?」
              「旦那様、子どもみたいです」

              会社の後継者争いに巻き込まれ、長兄の屋敷に使用人のふりをして潜入することに
              なってしまった末っ子の奈津生。かつて一度だけ話したことのある憧れの異母兄・至輝と
              会うのは14年ぶり。緊張と期待を抱いて屋敷へ向かった奈津生だが、至輝は意地悪な
              毒舌家になっていた! しかも、弟とは知らずに奈津生をベッドの中に引きずり込み、
              不埒な悪戯を仕掛けてきて……♥
              年の離れたお兄さまに翻弄される秘密の恋♥(あらすじから引用)

              初のB-PRINCE文庫、今月7日に発売となりました。
              久々、王道のあまあま路線です。斜め上に頑張るおぼっちゃまな主人公と、少しだけ
              屈折している大人の異母兄との恋は、はたしてどんな展開の末に落ち着くのでしょうか。
              つか、男同士のうえに兄弟って足かせは一体どうなるのか!?
              キャラたちの会話が、書いていてすごく楽しかった一冊です。
              ふんわりケーキのような小椋ムク様のイラストが、とっても可愛い表紙になりました。
              モノクロではイケメンたちもたくさん拝めます。うっとり〜。
              こちらのサイトにて、内容の試し読みもありますのでぜひよろしくお願いいたします。
              http://b-prince.com/?m=201305
              尚、セブンネットさんと一部書店さんにて、番外編書き下ろしペーパーもついてきます。
              砂吐くほど甘い、その後の二人のやりとりです。お兄さま、やりたい放題だ。
              取り扱いの詳細はhttp://b-prince.com/?cat=5をご覧になってください。


              今月はルチル文庫から『うちの巫女、もらってください』も発売になります。
              こちら、うち巫女シリーズ最終巻となります。どうぞよろしくお願いいたします。


              チンピラ犬とヤクザ猫

              0



                俺はバカは嫌いじゃないが、物覚えの悪い奴は嫌いだ。
                次に目の前に現れたら、容赦なくぶっ殺すぞ。
                 

                ルチル文庫4月の新刊『チンピラ犬とヤクザ猫』(イラスト:三池ろむこ様)発売中です。
                こちら、昨年秋から私の不徳の致すところで延期となっておりました。
                三池さま初め、関係者さまには大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳なかったです。
                しかして、この素晴らしい表紙。最初に拝見した時には、誇張ぬきで「おおう」と声が出ました!
                文庫では帯で隠れていますが、特に好きなのが二人の指です。
                長くてしなやかで、指フェチな私としてはもうそれだけでもご飯が何杯でもいけます。
                もちろん、チンピラ犬・良太の憎めない感じ、ヤクザ猫・和音の剣呑な美貌、どちらもうっとりな
                感じで大変嬉しかったです。尚、こちらのイラストはただいま壁紙配信中ですので
                (私のデスクトップも、現在はこちらの壁紙を使用v)よろしければぜひDLしてお使い下さい。
                http://www.gentosha-comics.net/news/2013/04/13041602.html

                内容ですが、タイトルが全てを表しているかと(笑)。
                敵対する組のヤクザとチンピラが出会って、駄犬が猫に惚れて必死こいて追いかける、
                そんなような話でございます。上記のセリフがどちらのものかは、言わずともお察し下さい。
                こういう組み合わせ大好きなので、セリフのやり取りから何からとっても楽しかったです。
                やはり、高嶺の花は受けに限りますな! てなわけで、気軽に楽しめる作品かと思いますので
                どうぞよろしくお願いいたします。また、感想もお待ちしております〜。

                次の新刊は同じルチル文庫より、うち巫女シリーズが発売予定です。
                四冊目のこちらで、ひとまずシリーズは最終巻となります。メインカプがもう揺るぎない感じで
                出来上がっておりますので、正直迷いはあったのですが、このまま大団円にもっていけた方が
                収まりが良いかな、と思いまして。最初は一冊きりのつもりだったので、思いがけずキャラの
                成長を書くことができて嬉しかったです。内容は麻績と葵の話と、矢吹とハイシマの話、
                二本収録におまけの短編と盛りだくさんですので、どうか楽しみにお待ち下さい。
                もちろん(?)双子も相変わらず暴走しております。

                また5月にはBプリンス文庫から、初めての文庫も登場いたします。
                『お兄さまには秘密だよ?』イラストは小椋ムク様です。
                こちら、また詳細は近くなったら改めてご紹介いたしますね。糖度ましまし(当社比)の
                異母兄弟ものです。もうネットで予約も始まっているようなので、よろしくお願いいたします。




                災厄は僕を好きすぎる3巻

                0
                   

                  だけど、二人で同じ運命を生きることはできる。
                  おまえと一緒に、生きていきたいんだ。

                  ……さて、上記のセリフは一体誰のものでしょうか。
                  一年ぶりとなります、Charaコミックス『災厄は僕を好きすぎる』3巻がいよいよ
                  2月25日に発売となります。作画は二宮悦巳様。今回も、表紙から萌えが大爆発。
                  育実と千隼を巻き込む、十二の災厄。その因縁の始まりが、ここで明らかに。
                  そして、じりじりと距離を詰めつつあった二人の心境にも大きな動きがやってきます。
                  今までお付き合いくださっている方、そして「気にはなってたんだけど」というお方。
                  ぜひぜひ、お手にとってやってくださいませ。盛り上がること必至です。
                  必見は、巻末のおまけ漫画。
                  今回も二宮様の描かれる育実と千隼が、もうもうたまらんことになっとります。
                  (私は、実際に読んで床を転げ回りました。猫をビビらせてしもうた……)
                  千隼、××なのかなぁ、やっぱり。いや、どうだろうな。そうなんじゃないかな(笑)

                  そして、こちらはコミコミさんで購入されますと、表紙のイラストカードが特典で
                  つくそうです。よろしければ、ゲットしてやってくださいませ。
                  http://www.comicomi-studio.com/

                  また3巻の続きは、発売中のChara本誌にてすぐに読めちゃいます。
                  若木が……若木が、ふるふるするほどカッコいいです!!
                  一年も待てねぇ! という方、ぜひぜひ本誌もよろしくお願いいたします。
                  連載も、新たなシーズン突入という感じになりました。ますます気合を入れて、皆様に
                  楽しんでいただけるように頑張りますね。てなわけで、どうか3巻をお見逃しなく!


                  あの月まで届いたら

                  0



                    生まれたての月が、運河に映って揺れている。和臣は、ずっとこんな光景を
                    見ながら大きくなったんだよな。だから、すごく優しいのかな。
                     

                    2月の新刊です。ルチル文庫『あの月まで届いたら』(イラスト:しのだまさき様)。
                    ラキアから刊行されたノベルズ、お月様シリーズ三部作の最終巻。
                    装いも新たに文庫化されて、お目見えとなりました。
                    こちらは独立した話になってますので、一冊だけでもお楽しみにいただけます。
                    しのだ様の描かれる激キュートなイラストと共に、どうか可愛がってやってください。


                    それにしても、書き下ろしがなかなかお届けできず申し訳ありません。
                    徐々に新作も執筆中ですので、延期分も含めまして発売が確定されましたら、また
                    ブログやツイッター、メルマガなどでお知らせいたします。
                    その際には、どうかよろしくお願いいたします。


                    君に降る光、注ぐ花

                    0
                       


                      ……俺もだよ。俺も、時田と話がしてみたかった。内容なんか、なんでもいいんだ。
                      時田の声が、聞きたい。だから、話せよ。

                      1月の新刊です。ルチル文庫『君に降る光、注ぐ花』(イラスト:テクノサマタ様)。
                      こちらは、10年ほど前にクリスタル文庫より刊行された『恋の棲む場所』の新装版です。
                      新しく刊行するにあたって、彼らのその後に触れた短い書き下ろしがついています。
                      ちょっとノスタルジックな、高校生同士の夏の物語。
                      テクノ様の切ない表情と透明感溢れる色彩で、素敵な表紙にしていただきました。
                      どうぞ、よろしくお願いします。


                      新装版が続きますが、来月もルチル文庫よりお月様シリーズ第三弾
                      『あの月まで届いたら』(イラスト:しのだまさき様)が発売になります。
                      こちらも、発売近くなったら改めてお知らせしますね。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      うちの巫女が言うことには
                      うちの巫女が言うことには (JUGEMレビュー »)
                      ドラマCD,前野智昭,武内健,梶裕貴,代永翼,坪井智浩,野島裕史
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座