両手に君の告白を

すでにご存知の方も多いと思いますが、今冬に「その指」シリーズ
第四弾のドラマCD
を作っていただけることになりました。
しかも、「くすり指は沈黙する」に収録されていた、私自身も密かに気に
入っている「両手に君の告白を」です! おお、ついに祥平が登場だ〜!
詳細は、またいろいろ決まってからご報告しますので、すみませんが今しばらく
お待ちくださいね(すでに、「祥平は誰が?」的なメールをとても多く
いただいております。皆さん、楽しみにしていてくださって私も嬉しいです!)

「群青に仇花の咲く」にも、温かな感想をありがとうございます。
遊郭物の変化球ということで皆さんの反応がドキドキでしたが、多くの方に
佳雨というキャラを受け入れていただけて本当に嬉しかったです。いやマジで。
あと「梓の水揚げ編は?」とか「銀花が気になる」(穂波さんのキャララフの
銀花は本当に美しいカットが一杯だったんですよ〜)などなどのご意見もありました。
佳雨と久弥の恋は、まだ入り口に辿り着いたばかり。嫉妬も愛憎もこれからが本番ですし、
飄々としていた久弥の気持ちにも大きな変化が出てきますので、どうぞ続きを楽しみに
待っていてください。麗しい表紙は、ただ今ルチルさんのHPで壁紙としてDLできます。
(詳細はこちらまで)

現在シュラ場中なので、お問い合わせその他のお返事がかなり遅れていますが、落ち着き
次第対応しますので(夏コミ情報なども合わせて)もう少しお待ちくださいませ。
なんだか、待っていただくことばかりで申し訳ありません(汗)。
暑い日が続きますが、くれぐれも体調など気をつけてお過ごしくださいね。


 やさしく殺して〜アフレコ(ミニ)レポ

気がつけば梅雨入り宣言があり、今年も折り返し地点に差し掛かろうと
しております。しかし、原稿と猫の世話に明け暮れていると日々は本当に
あっという間ですね。仔猫、お陰さまで先住猫とも仲良くなり、毎日二匹で
駆けずり回っていて大変にぎやかです。ビバ、猫のいる生活。でも、少しは
仕事に集中させておくれ……(涙)。

さて。6月25日「やさしく殺して、僕の心を。」いよいよ発売です。
キャスト・その他詳細はこちらまで。
ジャケットは、なんと金ひかる先生の描き下ろしです! 文庫バージョンとは
また違った、意味深でスリリングな室生と菜央(カッコよいです!)をご堪能くださいね。
アフレコの方は、とにかく一言で言えば「華やか」でした。キャストが多いこともあり、
またそれぞれが絡む(や、エロい意味ではなく)場面もあるので、声優さんの演技対決
とでも申しましょうか。中でも、室生と優哉の会話は必聴。堀内賢雄さんと三木眞一郎さん
の心地よい緊張感と遊び心を兼ね備えた雰囲気が、ばっちりドラマを引き締めています
(主演の岸尾さんがシナリオを読んだ時に「優先生は三木さんっぽいイメージ」と思われた
そうで、そうしたら本当に三木さんだった、と笑っておっしゃっていました)。
また、小野さん演じる「獣」の響は、ノーブルさと剣呑さのバランスが、まさしく「二代目」と
いう感じでした。実は、収録前に「僕の役は受けですか、攻めですか」との質問が。
今回のシナリオでは触れていないのですが、その点も(キャラを)考えて演技したいので、
とのことでした(尊敬…! そしてBL界のセオリーを、よくわかっていらっしゃる・笑)。
…で、ご存知のように響はアレな役どころですよね。それを聞いた小野さんは一言、
「そうか〜。僕が三木さんを食っちゃうわけですね!」と爽やかに(笑)。
(残念ながら、そんな場面は今回入っておりませんが)
ちなみに、小野さんは柿原さんが演じられる彗が「兄」というのもびっくりだったそうで。
や、柿原さんの彗はたおやかで凛としていて決して子どもっぽくはないのですが、やはり
「守ってあげたくなる」儚さがよく出ていたので余計にそう感じてしまったのかも。
でも、響をたしなめる場面など、しっかりお兄ちゃんしていて素敵でした。
三宅さんも「柴犬…柴犬……」と(笑)、橘のイメージについて考えてくださいましたが、
素のままでも充分に橘の熱血で真っ直ぐな感じが出ていたと思います。そのせいか、
柿原さんとの会話は本当に微笑ましくて、他が殺伐としていた分、ホッとする場面に
なりました。拉致場面なんて、思わず「姫を救いにきたような」と思ってしまったほどです。
主演のお二人、室生役の賢雄さんと菜央役の岸尾さんは言うに及ばずの熱演でした。
賢雄さん、微妙なニュアンスで室生の細かい表情の変化までわかる演技には、本当に
感動してしまいました。まさに「大人の男」って感じがします。対する岸尾さんは
多少抑えた演技で「可愛すぎない」菜央を巧みに表現してくださいました。
そしてそして! 特筆すべきは宮下くん! すごく素敵な声で、舎弟には惜しいくらい
でした。橘を脅す場面なんて、もうカッコよすぎます。要チェックで聴いてみてください。
(演じてくださった声優さんは、大原崇さんです)


ああ〜、ちょこっと感想のつもりがキャラも多いのですんごい長文に。すみません(汗)。
でも、原作既読の方もそうでない方も充分に楽しんでいただける内容になっていると思う
ので、ぜひ聴いてみてくださいね。私も、今から発売が楽しみです。

 CD延期のお知らせ

4月に発売予定だった「やさしく殺して〜」のドラマCDですが、
諸般の事情により6月25日に延期となりました。
大変申し訳ないのですが、発売までもうしばらくお待ちくださいませ。
お待たせした分、より良い一枚となってお手元へ届くと思います。
本当に、申し訳ありません。

尚、アンケートの方は4月上旬より始めたいと思っておりますので、
ぜひ気軽に参加してやってください。皆さまのリクエストやアンケート結果を
反映させた完結記念本にする予定です。ささやかなプレゼント企画なども
考え中。また、こちらの件は改めてご報告に参上いたします。

 やさしく〜のキャスト・その2

サイバーさんのHPで発表がありましたので、こちらでも
未定だったキャストのご報告をいたします。長らくお待たせしました〜v

小田切優哉三木眞一郎さん)
一ノ瀬響小野大輔さん)
一ノ瀬彗柿原徹也さん)
橘 和貴三宅健太さん)

以上です。ご質問があったのですが、キャストは初めに候補を出して
いただいて、サンプルボイスを聞きながら担当さんとも相談しつつ、私も
いろいろ意見を出させていただいて決めました。ですから、どの声優さんも
イメージ的にはぴったりだと思っています。どうぞ、お楽しみに!
三木さんは優哉の余裕あるクセモノぶりが上手くはまっていそうだし、
小野さんは響の「育ちの良い狂犬」な感じが楽しみだし、
柿原さんは声質が高い方かと思っていたら、サンプルではちょっと低めで
落ち着いた雰囲気でした。皆の癒し、優しい彗になりそうです。
(小野さんと双子の役なので、聞き比べるのが楽しそうv)
三宅さんはヤクザ役は聞いたことがあったのですが、サンプルだと素朴で
真っ直ぐな感じがとても橘だな〜と(勝手に)思ってしまいました。
ここに堀内さんと岸尾さんが加わるので、考えただけでわくわくです。
発売までまだ間がありますが、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

尚、以前にもちらりと書いたようにCD発売とシリーズ完結を記念して、
アンケート及び小冊子(同人誌)を作ろうかなぁと考えております。

詳細はまたアップしますので、こちらも楽しみにお待ちください。

 やさしく〜のキャスト・その1

現在ちょっと切羽詰っておりますので、簡単なご報告で失礼します。
「やさしく殺して〜」のキャスト、一部がサイバーさんで発表されました。
菜央に岸尾大輔さん、室生は堀内賢雄さんです。
素晴らしい声優さんに演じていただけることになり、私も少し興奮気味。
他キャストについても、近日中にはお知らせできると思います。
またのご報告を、どうか楽しみにお待ちくださいね。

 ドラマCDのお知らせ

すでにご存知の方も多いかと思いますが、4月にサイバーさんより
「やさしく殺して、僕の心を。」ドラマCDとして発売されることに
なりました。CD化しないのですか、と以前からよく質問をいただいていた
ので、私自身とっても嬉しいニュースです。気になるキャストは現在進行形で
検討中…ということで、また決まり次第こちらでもご報告いたしますね。
メインキャラは多いわ、ヤクザでドンパチはあるわで、なかなか賑やかな
CDになるのではないかと思います。詳細はこちらまで。
サイバーさんでの告知後、たくさんの方から喜びメールが届けられ、
菜央たちは幸せものだとしみじみ感激しております。ありがとうございます。
ぜひぜひ、続報を楽しみにお待ちくださいませ。

 ドラマCD発売です!

告知からずいぶんお待たせしましたが、ようやく「くすり指は沈黙する」が発売です。
本館HPで感想掲示板を開放中なので、よろしければぜひ
ご意見・ご感想なりとお聞かせくださいませ。お待ちしておりますv
ブックレットの書き下ろしSSは、川村くん視点パート2。
浅香との抱擁を架月へチクッたのが誰か、これを読めばわかります(笑)。

間もなく締め切りのChara創刊11周年記念の小冊子(全サ)でも、
「その指」番外編を書き下ろしますのでどうぞよろしくです。
こちらの詳細は、Charaオンラインショップまで。

夏コミ配布SSは、21日メール到着分までお返事済みです。
未着の方は、お手数ですがご連絡ください。


 CM流れてます。

本日より、ドラマCD「くすり指は沈黙する」のCMがオンエア!
一年ちょっとぶりの架月と渉、浅香、川村のやり取りをお楽しみください。
(今回、脚本はプロの方にお任せしております。これが愉快なのだ)
気になる方は、http://www.movic.co.jp/book/motto/index.htmlまで。
WEBラジオ桃通2にて、聴くことができますよ〜。

発売もいよいよ間近に迫り、仕事の傍らドキドキの私。
今月発売のChara本誌にて、アフレコレポや声優さんのコメントも掲載され
ますので、よろしかったらそちらもチェックをよろしくお願いします。
| << 2 / 2 |

*Category

*List

*Aarchive