世界でいちばん愛しい翼



ルチル文庫の新刊です。3月15日発売。先日見本誌が届きましたが、
表紙が透明感のあるグリーンで、キャラの淡い表情と相まってとっても
美しかったです。ぜひ、実物の方を書店にて見てみてください。
(できたら、そのまま買って読んでくださるとスゴク嬉しいです!)
こちらは、雑誌ルチルにて原作を担当した『ときどき、世界は美しい』
(作画:桃月はるか様)のスピンオフで、高校教師となった当て馬くんの
物語です。教師×生徒の不器用な恋の行方を、久々に原点に帰る気持ちで
書いてみました。イラストはもちろん桃月はるか様。たくさんキスシーンが
見られますよv この一冊だけでも内容はわかりますが、3月24日にはコミックス
『ときどき、世界は美しい』も発売
となりますので、両方を読んで
いただけるともっと有難いです。より一層作品世界を楽しめますよ〜。
尚、今回はコミックスと文庫が連動して発売されるので、記念の小冊子が
全員サービスで企画されております。
詳細は、文庫の帯にてお確かめください。
神奈木の小説と桃月様のマンガで、書き下ろし番外編が収録される予定です。
全サならではの作品を張り切って書きますので、ぜひぜひご応募くださいませ。

今後の予定としては、
4月末に「やさしく殺して、僕の心を。」のドラマCD(キャスト発表、もう少し
お待ちくださいね)、5月末に小説キャラにて読み切りが掲載されます。
いずれも間近くなりましたら、また詳しい情報をお知らせしますね。

キャラ文庫『密室遊戯』にも、感想をどうもありがとうございます。
「夢オチじゃない3Pを!」というご意見がけっこうあったのが、ちょっと
可笑しかったです。杏也派と琥音派に分かれているのも、なかなか興味深い感じ
でした。引き続き、何かありましたら遠慮なくご意見などお聞かせくださいませ。
拍手コメントも、いつもありがとうございます。頑張ります〜。

密室遊戯



正確な発売日は明日ですが、キャラ文庫の新刊密室遊戯がちらほらと
店頭に出ている頃です。見かけた際には、ぜひ手に取ってみてください。
あらすじ等はHPのTOPでも確認できますが、雰囲気的には「征服者の特権」
とかあっち系でしょうか。監禁され、「好きになどなるものか」と反発しながら
引きずられていく主人公の葛藤や、腹を探り合いながらの攻めとの会話を
書くのがとても楽しかったです。主人公、外見は地味なくせに粘る、粘る(笑)。
彼らの少々きわどいゲームに、付き合っていただければ嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。



2月にはコレ出ます

情報が遅くなって申し訳ありません。
2月27日に、キャラ文庫「密室遊戯」が発売になります。
イラストは羽根田実さま。優美でアダルト、そしてちょっぴり危険な
魅力が溢れる表紙になっておりますよ〜。早く皆さんにお見せしたいです。
内容は、初めての監禁もの。主人公のメガネくんは、残業帰りのある晩、
見知らぬ男に突然攫われてしまいます。目覚めたのは、マンションの一室。
そこで、もう一人の男も加わって始まる数々の交渉ときわどい駆け引き。
悪い年下の男に翻弄され、メガネくん(薄幸)の運命や如何に……!
全編書下ろしで、またもや分厚い一冊に。ダイヤモンド〜と同じくらいかな。
久々にシリーズではないお話で些か緊張しましたが、内容もキャラも初挑戦する
タイプのものだったので、今から皆さまの反応がドキドキです。
(書きあがってしまえば、やっぱりいつもの私だったりするんですが)
ひとつ、チェックの方をよろしくお願いいたします。


ブロードキャストを突っ走れ!2


お久しぶりの業界BL。民放局BNSの新人アナウンサー拓と、彼の教育係を
務める先輩アナ・観月の恋物語。今回は京都を舞台に、観月の見合い話と
彼の幼馴染みで意味深な態度を取る笛方・御堂亮が入り乱れ、拓はますます
ピンチに! 観月の兄、葉月と卯月ももちろん登場します。雑誌シャレード
にて掲載されたブロキャス完結編、いよいよ文庫化です。
尚、書き下ろしは作中のトラブルメイカー、トップアイドルの霧緒夏彦(18歳)
と彼の恋人兼マネージャーの神谷英二(26歳)の恋の馴れ初め編です。
夏彦(攻め)がいかにして神谷を落としたか、口八丁手八丁の押せ押せぶりを、
どうぞお楽しみに! 発売は29日です。ひとつよろしくお願いします。

※前作をご存知ない方のために。
表紙、向かって右が観月(受け)左が拓(攻め)ですよ〜。後輩×先輩。


1月にはコレ出ます。

お知らせが遅れましたが、今月には下記の作品でお目見え予定です。

1月29日 シャレード文庫
『ブロードキャストを突っ走れ!2』イラスト:祭河ななを様
民放局BNSの新人アナ・早川拓と彼の教育係で先輩の報道アナ・
北岡観月の業界ラブコメ、完結編。年末の京都を舞台に、観月の
見合い騒動が持ち上がります。書き下ろしは、トップアイドル
霧緒夏彦とマネージャーの神谷さんの馴れ初め物語「天国よりも
優しくて」。神奈木、小悪魔攻めに初挑戦。楽しかったです〜。

マンガ原作物
1月22日 雑誌ルチル
『ときどき、世界は美しい』作画:桃月はるか様
学園トライアングルラブ、いよいよ最終回です。
春には、ルチル文庫にてスピンオフの書き下ろし小説も発売予定。
ぜひぜひ両方楽しんでくださいね。

1月22日 雑誌キャラセレクション
『ダイヤモンドの条件』作画:須賀邦彦様
昨年完結したダイヤモンドシリーズの原点が、今度はマンガで登場です。
新連載なので、ゆっくり堪能しつつお付き合いくださいませ。
(原作未読の方は、この機会にひとつヨロシクお願いします)
キャラさんからは、2月に久々の文庫も出る予定です。詳細はまた後日。

随時情報は更新していくつもりですが、興味を惹かれましたら
チェックの方をよろしくです。ブロキャスは、秋頃に久納兄弟編が始まる
予定です(雑誌にて)。今年も飛ばしていきます! ではでは!


闇色のドルチェ・ヴィータ


竹書房の新刊、ただいま発売中です。ヨロシクです。
わたくしにしてはキワドイ系の表紙ですが、イラストの海老原さんが
美しく華麗に仕上げてくださってうっとりです。ありがとうございます。
中身は…ええと、自分的にエロを頑張ってみた一品です。
しかして、あくまで当社比なので真実は皆さまの目で確かめてくださいませ。
何にせよ、キャラの多いお話は書いていて楽しいです。
主人公が近作では一番普通の性格をしている分、攻めが多少(?)弾けてます。
ちらほら感想も届いておりますが、「宇宙人×お母さん」に皆さん納得して
おられたようなので、まぁそういう話だと(どんなんだ)思ってください。

「彼の孤独を〜」「御所泉家」に関しても、いろいろ感想が届いています。
嬉しいな〜どうもありがとうございます! やはり、読んでくださった方の言葉が
何よりの励みですし、次作へのやる気と勉強にもなります。
温かな拍手コメントも、毎日しみじみと感動しつつ拝見してますよ〜。
詠弥が思いがけず好評で、私もちょっとホッとしてます。猫だけ相手にしているのも
哀れなので、いつか彼にも幸せがやってくる…と思っていてください。
室生も今回のことで、少しだけ株がアップ。攻めの面目躍如でした。

さて、月末に近づきしばらく仕事に専念するためネット落ちします。
こちらの更新も少し滞りますが、また新情報などありましたら参上しますので
気軽に覗きにきてくださいね。引き続き、感想やご意見もお待ちしてますv

彼の孤独を、飼い慣らせ。


一年にわたってお届けしたルチルのシリーズも、いよいよ本作を
もって最終巻です。発売したてですので、どうぞよろしくお願いします。
最後の最後で新キャラ出すか、という感じですが、「彫師」という仕事には
前から興味があったので、なかなか楽しく書くことができました。
その分、いつものキャラが出番少なかったりもしますが、オマケ短編の方で
彼らの後日談などもわかりますので、そちらもお楽しみくださいませ。
けっこう、橘と彗は「ちゃんと」結ばれるのか、と心配してくださった
方が多かったので(担当さま含む)、そちらにもちょっと触れております。
私は一冊目のアバズレで小生意気な菜央が好きなので、そういう意味では
「ちっ、可愛くなっちゃったなぁ」と思わなくもないですが(笑)、やはり
相手が室生だったのが敗因かもしれません……。まぁ、室生もだいぶ甘く
なってはいますが。いいか、菜央限定だから。←無責任な作者

今月発売の雑誌ルチルでは、原作を担当した「ときどき、世界は美しい」
佳境に入っております(作画:桃月はるかさま)。
三角関係の真相とその結末はどうなっていくのか、ぜひともご覧くださいね。

11月にはコレ出ます。

ご無沙汰してます、神奈木です。
すでに告知も出ておりますが、11月の商業誌情報です。
近くなりましたら内容など詳細もアップしますが、まずはヨロシクです!

11月15日 ルチル文庫「やさしく〜」シリーズ最終巻・室生と菜央編
『彼の孤独を、飼い慣らせ。』イラスト:金ひかる様
今回の新キャラは、若き彫師の鵺(ぬえ)。響の背に双龍を彫ります。
しかも、彼は菜央の過去を知る男で…。不安と孤独に揺れる中、
室生の別れた妻まで登場し、更に落ち込んでしまう菜央。
そんな彼が室生のために選んだ道は…。

11月22日 小説Chara vol.15
『御所泉家の優雅なたしなみ(続編)』イラスト:円屋榎英様
舞台はヴェネツィア。より派手に華やかに、晶の当主修行と彼を巡る
三人の教育係による生涯の対の相手「鞘」選びは続きます。
無愛想な恋人・司とは、ちゃんとラブラブなのかも気になるところ?

11月29日 ラヴァーズ文庫
『闇色のドルチェ・ヴィータ』イラスト:海老原由里様
喪服に裸足、実にそそられる格好ですね。
従兄弟の死で悲観に暮れる雨の中、要へ声をかけてきた美貌の男。
ホストクラブ「ドルチェ・ヴィータ」を舞台にした、ラブとプチエロと復讐譚。
このお話のキィワードは「宇宙人×お母さん」。←読めばわかります。




ルチル文庫、間もなく発売です。



少しお待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。
いよいよ、7月末にルチル文庫の新刊が発売となります。
今度の主役は彗と橘。ヤクザの息子と刑事というロミジュリ状態の彼らは、
はたして無事に恋を成就させることができるでしょうか。
シリーズ最新にして(多分)一番派手な内容に加え、ページ数も厚くなっております。
もちろん、室生&菜央・響&優哉も出張っておりますので、店頭で見かけた際には
ぜひよろしくお願いいたします〜。金さんのイラストも美しいです!

<< | 8/8PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM